育毛剤 おすすめ 男性

おすすめしたい男性用育毛剤の歴史

男性におすすめする育毛剤の歴史

 

一般に日本で育毛剤とカテゴライズされてる製品が昔からあって、そのほとんどが薬局で手に入れられる医薬部外品といった予防を前提にしたヘアトニック扱いです。そして育毛剤に医薬品カテゴリーが出てきたのは1990年代です。そして、医薬品認可は販売上顧客の医薬品だからききそうだといった期待をあおるのに大きなメリットで、コマーシャルでも最後に薬品だとアピールすることが習慣化されました。そして育毛剤の一般医薬品認可基準は今も変わってないです。発毛の定義で認可を取得することはできなくて、あくまで頭部血流改善が前提。その為に薬局に並ぶ育毛剤が医薬品でもあくまで頭部血流増加させる目的で、発毛しようがしまいが関係ありません。

 

そして今概要ミノキシジル治療で、5%以上がスタンダートとなって、リアップ×5が当たり前のように販売されていて、この当時は説明書による思い込みの副作用芳香が大半だったのです。そしてプロペシア認可時は医師処方を義務付けAGA治療を組み立てるきっかけになって、リアップは、薬局購入時病歴確認が義務付けられていて、これ以降ミノキシジル薬品認可が停止状態で、大正製薬の独占市場です。